スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがき 

いかがでしたでしょうか。

お前、まえがきであれだけ捨てろって忠告したのに、最後まで読みやがったな。

まあいいや。

この本の僕は僕ではない僕なのです。
宇宙暗黒大僧正様が、僕がお母さんのお腹の中にいるときに、僕の脳に特殊なチョロQ型のマイクロチップを埋め込んだせいで、ブログを書いている時だけ、そのマイクロチップに制御されているわけです。

なので、この本は、宇宙暗黒大僧正様の本であり、荒金弘明の本ではないわけです。

これで安心しましたね。

新婦とこれからも仲良くすることができます。

新婦と一緒にいるときの新郎は、すごく優しい人です。
そんな優しさに惚れたと思います。
いや、そうだ


どのぐらい優しいかというと。
・彼女がつまらなそうにしていると、わざとアイスクリームをこぼして、土がついていない部分だけをちゃんとなめて笑いを取ります。

・彼女の得意技、スーパーウルトラミラクル限界MAXすね蹴りをまともに受けてあげて、全治5年の軽症をおいます

・Amazon.comのおすすめ商品に、僕の興味がない商品がでてくるので、amazon.comに僕の興味のある商品は、「女の人がトイレでオナニーをしているところを盗撮しているAVをこっそりと取り寄せた中学生が、お母さんにバレて怒られているところをかばってあげるシーンから始まる、純愛映画です」とメールします。


また、大僧正様がでてきたところで、あとがきとさせていただきます。

ありがとうございました。

そして、今後ともよろしくお願いしたいと思っていますが、こんな人と付き合うかどうかは、あなたの自由です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kunitachi2.blog21.fc2.com/tb.php/2479-eefc4fc5