スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の中で一番驚いたことかも。連邦準備制度理事会(FRB)は民間企業 

このごろ、FRBがアメリカ政府の機関じゃないんだよという噂をきいて調べてみたら。


FRBは相当にやばい機関だっていうことがわかりました。


アメリカのドルをどういう風に発行してとかっていうことを全部決めている機関ですが。

それを決めている機関っていうのが、超大金持ちの人たちのグループとのこと。


このへんについては各自調べてください。


はっきりいって、今まで自分がいろいろ考えてきていたことってどういうことなんだろうってなります(笑




http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=159396
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/hitokuchi006.html
http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/55171739.html


これによると

1、USA財務省は、FRBからの指示でUSAドル紙幣を印刷・発行します。
2、このドル紙幣の所有権は、FRBにあります。
3、USA政府は、FRBからドル紙幣を購入します。
4、FRBは、このドル紙幣で、財務省発行のUSA国債を購入します。
5、ドル紙幣の購入代金、当国債の利息は、USA国民が払う連邦所得税で賄われます。


なんじゃこりゃーーーーーー


おいおいおいおい

これによってFRBは大儲け
っていうか、裏であやつっている人は大儲け

ってことです。

おいおいおいおい






噂によるととある一家が世界のお金の3分の1をもってるとかもっていないとか


そんなの意味分かんないでしょ(笑



数千兆円って聞いた時に億円の間違いでしょって思ったら数千兆円でした



ああああああああああああああああああああああああああ






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kunitachi2.blog21.fc2.com/tb.php/2167-4ffe23dd