スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金ブラックリスト化に反対するブラックリストの会?あまりに頭にきたので書きます。 

相当ひどいです。

http://www.kyoto-minpo.net/archives/2009/01/26/post_5311.php

2009年01月26日 10:34
ブラックリストの会“不況に合わせた学費に”

 奨学金改悪に反対する学生などでつくる「ブラックリストの会」が25日、京都市内で「奨学金滞納者ブラックリスト化反対!!学費をタダに!!デモ」を開催し、約50人が参加しました。

 日本学生支援機構は今年から奨学金返済の取り立てを強化するため、滞納者の個人情報を信用情報機関に通報し、ブラックリスト化することを決めました。

 発言した大学生(21)は「私も奨学金を借りていて、もし就職できなかったら返済できるか不安。ブラックリスト化によって奨学金を借りたくても借りられない人が出るのではないか」と不安を訴えました。
 参加者らは音楽を流しながら市内をデモし、「不況に合わせた学費設定に」「奨学金とりたて反対」と書かれたプラカードを掲げて、アピールしていました。(山手四郎)




だいたい、奨学金を滞納しているのに、ブラックリストにのらずに、さらに借金をしようとしている時点で崩壊していると思う。


奨学金滞納者をブラックリスト化することと、日本の学費が高いことは全く別の問題で。

なんか、ごちゃまぜにして、あやふやなうちにブラックリストから逃れようとしている


僕がいま思っていることは大学までの学費をタダにしたほうがいいということです。


3兆円ぐらいあれば、高校・大学とタダにできるらしい。




親の収入によって、子供の収入が決まるとかっていう言い訳とかをなくせるし。

もっと大量に理系の優秀な人を生みださないといけないと思う。


今のままでは大学でたってでなくたって、さほど変わらないと思う(ほかの大学はどうかわからないけども、うちの大学にいるかぎりそう思う)


理系だと100%で文系だと80%とかにしたりとか

まあ、このへんは大げさだけど、

理系へ大量に人を送り込めるようにして、優秀な人をたくさん作りだす。


そのために、大学の制度もいろいろかえて。
まあ、最低でも卒業のための試験とかね。


まあ、そういうことをやったほうがいいと思います。



人口がすくなくなっているなかで、今の生活水準を保つor上げていくためには、優秀な人を作り、世界中から金を集めてくるしかないわけです。

大量に集めて、大量に寄付をする。
これで日本の信用度がさらに高くなってさらに金が集まる。


これしかないと思います。


そのために。

優秀な人をたくさん作る。

その優秀な人を海外流出させないために、小学校から日本を愛せる教育にする。


これに限ると思います。


日本人の多くが頭が良くなれば、今の派遣の問題とかなくなると思うし。



まあ、なくなるというか、派遣みたいな生活をしている人が、日本人ではなく外国人になるっていうことですけどね。


グローバル社会っていうのはそういうことなんだと思います。





まあ、それはそれとして。



奨学金滞納者はブラックリストにするべきでしょ。


てかね、ちゃんとしたほうがいいと思う。





その奨学金を返さないことで、今の学生がくるしんでいるわけです。

みんなが、奨学金を返せば、今の子供たちがもっと奨学金をもらえる(んだと思う。奨学金の制度をあまり知らないのでよくわかりませんが・・・)


たぶん、奨学金を返さないことで、今の学生が、もらえる額が少なくなったり、もっと多くの人がもらえるようになったりすると思います。





まあ、奨学金を返さないっていうのは本当にどうかしていると思います。



こういうバカを増やさないためにも、小学校から、ちゃんとした教育をしないといけないと思います。


もっと強制的に刷り込まないと。



中学生ぐらいまでは詰め込み教育でいいと思います。

基礎を教えたうえで、応用ができるわけで。


国語や数学と同じように、道徳的なところも、詰め込みをするしかないと思います。






もう、親の世代(っていうか僕らの世代か)が、頭がおかしくなってるから、家庭教育でちゃんとやれっていったって、もうできないと思います。


そしたら、もう、先生を教育して、学校教育で強制的にちゃんとした子供を作るしかなくて。


まあ、そんな感じに思います。





とにかく奨学金は返してほしいと思う。


奨学金の額がすくないから、くだらないバイトに時間を費やしているやつもたくさんいます。


奨学金が十分であれば、もっと勉強する時間が増えます。


せっかくの大学4年間をくだらないバイトに費やさせないでほしい。


奨学金滞納者は、単なる借金をしているだけの人ではありません。


奨学金滞納者は、今の学生を苦しめ、今の学生の能力を低下させ、今の学生の人生を変えているということを自覚してほしいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kunitachi2.blog21.fc2.com/tb.php/2119-187155c5