スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題調査と責任 

なんか、年金問題が大変になってますけど。
そんなことより、僕は二十歳になったのですが、年金とかやらなくていいのかね?

なんにも通知とかこないんだけど。

すでに二十歳を経験している人たちはどうなってますか?




で、まあ、自分のことはいいとして。


問題調査と責任っていうことについてちょっと考えました。


どうも、今回も、問題調査っていうのと責任っていうのを同時に考えてると思うんですわ。



僕はね問題調査と責任の所在っていうのは別々に考えることだと思ってるんですわ。



まずやらなければいけないのは問題調査。

どうして、それが起こったのかなど。

これはなんのためにやるのかっていうことなんですわ。


どうも、世の中の流れでは誰に責任があるのかを決めるためみちあになってますけど、それはちがうと思うんですわ。


次に同じようなことが起こったときに、問題にならないようにするためだと思うんですわ。


こういうことをしたからこういうミスになったっていうことですよ。

今回の年金問題は何が問題なのかよくわからないけども。



例えば、システムを作ったときに、あとからちゃんと動いてないっていうことがわかった。

じゃあ、次回同じシステムを作るときにこういうところに注意しないといけないんだなっていうのが分かるようにするのが問題調査だと思うんですわ。



でね、何で責任と一緒に考えたらだめなのかっていうと、責任となると、調査が甘くなるからですよ。


厳しく調査すると責任が重くなるからですわ。


それだと同じようなミスを繰り返すわけですわ。


責任っていうのはね、所詮、くだらないことなんですよ。

謝ったり、大臣やめたり、金払ったり。
そんなこと超くだらないって思うんですわ、僕は。



だって、もうもどってこないからね。時間とかは。



この前の「わたしたちの教科書」で、電車男が「自分のクラスでいじめがあったら、私は責任をとります」って言ってて、それについて、「じゃあ、生徒がいじめで死んだらどうやって責任を取るんだ?」って話になってましたが。


責任を取るってなんなんだってことですよ。


所詮くだらないことで、遺族とか被害を被った人たちが、恨みみたいなので思ってるだけのことなんですわ。


でね、大臣とかを責任をとってやめるとかってあるけど、そうじゃないと思うんですわ。


問題解決を自分の能力ではできないからやめる。

これなら分かるんですよ。


例えば、なんか問題が起こっても、その問題を解決できるんだったら、もしくは、いい方向にもっていけるんだったらやめなくていいはずですわ。

それが解決できないとかならやめればいいんですよ。


って僕は思うんですけどね。

どうなんですかね?



この方法が一番いい方法だと思うんですわ。

だって、そうすれば絶対にいい方向にいくわけだから。





でね、さっきまでニュースステーションをみてて、思ったんだけど。

ほんとマスコミって楽だよなってことね。

だって、結果をみて、あのときこうすればよかったって言ってればいいんだもん。

ある程度情報が与えられて、こうしてればミスは起こらなかったのにね。

とかっていうふうに平気で言うもんね。


でもって、歴代の社会保険庁の偉い人は責任取るべきとかって言ってるけどさ、じゃあ、具体的に責任取るってなにをやるってことなんだよ。
って思うのよ。

責任をとるの具体的な案を出せよ。


って思う。




あとね、一番うざいのは、政治家で「議論をしなければならない」って言ってるやつね。

そんなことわかってるんだよ!ってことよ。



てかね、何に対しても議論をしないといけないんですよ。

政治家っていうのは案を出す人だからね。



なんか、テレビとかで論戦になると、「その点については議論をしていって、つめていかなければならない」とかっていうことを言うだろ。


てめーの意見をいえよってことなのよ。


てかね「議論をしなければならない」って言っていいのは、総理大臣とかそういう偉い人だからね。



総理大臣とかが、こうしろとかっていうことを直でいうと、問題があると思うんですわ。


それは分かるけど、単なる国会議員がなんで、議論をしなければならないとかほざいてるんだよって話なのよ。


ほんとね、議論をしなければならないはずるいと思うわ。


あたりまえなんだもん。

そんなの誰も反対しないし。





この際だから、日本の政治の悪いところを言うけど。

なにがなんでも、スピードが遅い。


ほとんど決まる法律決まる法律、5年後からとか10年後からとかなのよね。

ふざけんなよ。

今問題なんだから、法律変えてるわけで、明日からそうしろって思う。


税金とかも、段階的にどうのこうのしてとかっていうので10年スパンぐらいでやるだろ。


そんなもんいっきにやればいいんだよって思う。

それで、失敗だったら、いっきに戻すのがいいと思うのよね。



その点では、そのまんま東はいいなって思ったのよ。

今年中に○○しますっていうマニフェストを出してたから。



総理大臣が変わったら、とか、政権が民主党になったらとかっていうそういう単位で、憲法を毎回改正するぐらいの勢いでいいと思うんですわ。



とにかくスピードが足りないと思いますわ。


で、急いで法律とかを決めようとすると、議論がたりないとかほざくのよね。


じゃあ、何時間議論すれば議論は足りるんだよってことなんですよ。



民主党も自民党もどっちも、おなじようなことをいってるわけよ。

どっちだって、間違ってないし、正しくないんだからさ。


とりあえず、自民党の案をやっておいて、それでなんか問題が起こったら民主党の案をやればいいじゃん。
それのほうがはやいって。

そうすれば、自民党が政策の力があるのか、民主党のほうが政策の力があるのか分かるじゃん。


まあ、こんなもんかな。

久しぶりに政治について書きましたわ(笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kunitachi2.blog21.fc2.com/tb.php/1290-04892653