スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年生になって面白い授業が増えたかも 

授業が本格的に始まったわけですが。
専門の授業が増えて、だんだんと面白くなってきた雰囲気があります。

で、さらに2年生になったことと、年間単位が成績優秀ということで50単位に増えたことで、3・4年生用の授業も受けられるわけです。

で、そうなるとさらにおもしろい。

今のところつまらなそうな授業は物理だけですわ(笑

まあ、専門じゃないからっていうのと、高校時代にまったくやってなかったからっていうのがあります(笑



でね、まあ、いろいろ専門はあるのですが。
ベンチャービジネス論っていう授業があるんですけど。

まあ、僕は起業したいと思っているので取ったわけですけども。


まあ、こういう授業を受けたかったわけです。

なんか、学校の先生じゃなくて実際に創業したり、VCをやってたりする人がきて講師をしてます。


そういうところで、知り合いになって、そのうち助けてもらったりして(笑




てかね、面白い話をききましたわ。



外部講師の1コマの給料。
15000円だって。

単位違いじゃないですよ。
時給1万円。


おい、すげーじゃん(笑


てかさ、大学の教授とかやってるより、いろんな大学の外部講師やったほうが儲かるじゃん(笑


2日に3コマやれば4.5万円。
それを20日働けば、90万円ですよ。

えええええ?

まじっすか。

でも、実際にはそんなに働けない気がしてきたわ。

テストの採点とかあるし。


そんなにたくさん授業やってたら死ぬし(笑


ほんとね、ああいう先生たちってすごいなぁって思うのは知識とかよりも、成績付けですよ。


何百人っていうのの採点するわけだから。


しかも、論文だったりするじゃん。


そんなの死ぬよ(笑





明日は、中国語の授業。

英語が嫌いなのと、そのこともあって英語をとったところでこれ以上英語がうまくできるようになるとは思えないので、それだったら新規開拓の中国語のほうが役に立つなぁと思ったからですわ。


とりあえずは、なんとなーくわかるようになったり、ちょっとはしゃべれるようになるわけですから。


そしたら、日本語・英語・中国語の3ヶ国語ができるって言っても嘘にならないわけですよ。


てか、大体ほとんどの日本人には中国語の知識がないからちょっとしゃべってるだけで、すげー中国語しゃべれるって思われるわけです。



英語をしゃべっててもだれも驚かないけど。


その辺が中国語のいいところですわ。


てか、どちらかというと、もっとマイナーな言語のほうがいいですわね(笑


そっちのほうがすげーって思われる率が高くなるので。


アフリカのほうの民族がしゃべってるやつとか(笑




てかね、ほんと思うんですよね。


アメリカ人の小学生が読むぐらいの本(英語)を読んでても、だれもすごいと思わない。


だけど、イラクとかアフガニスタンの小学生が読むぐらいの本(何語かしらないけど)を読んでたら、すごいってなるでしょ。


ていうことは、英語をやってもしょうがないわけですわ。



世の中英語英語ってうるさいけど、僕には必要ないわけだし、逆にいえば、必要になったら英語ができる人に頼めばいいわけですよ。


でもさ、英語なんてできる人が多いんだから、英語の通訳なんていうのは儲からないと思うよ。


そういう風に考えると、アフリカとかで使われているような言葉のほうがマイナーだから、その分、1回の報酬が高くなるわけじゃん。


みんなと同じことをやっててもしょうがないんだってことですわ。

っていう風に言っておけば、自分の中で英語ができないことを正当化できます(笑





ああ、それとぜんぜん関係ないことなんだけど。

今、キッザニアとかっていう子供たちが職業体験できるところがあるらしいのですが、それのチケットがオークションで高値で取引されてるらしいんですわ。


まあ、これからオリンピックとかでもそういうのがでてくるとかって話なんだけど。



いわゆる、ダフ屋みたいなことっていうことなんだけど、ダフ屋って何がいけないのか?っていうのが僕の疑問です。



ダフ屋によって誰が被害を被るの?

それがわからない。



市場ってのはニーズによって値段が決まると思うのよ。

で、自分が持ってるものの価値が上がれば売ってもいいと思うのよね。




てかさ、高値で取引されることって何が悪いのかまったくもってわからないのですが。


ほしい人がいるから売る。
それだけの話でしょ。



ほしい人が多ければ値段は上がるわけですわ。


世の中ってほとんどがそうだと思うんですよ。


株だってほしい人が増えれば、高くなるわけですよね。


なんで、チケットだけ、買ってそれを売るとだめなわけ?

まったくわからないのですが。



で、似たようなところでいうと、転売ね。

転売の何がいけないの?って話なのよ。


てかね、店だって、メーカーから買って、それを売ってるんだから転売だろって思うわけですよ。


消費者に届くまでにいろんな会社を通すわけですよね。

で、その間で、どんどん値段が高くなって消費者にとどくわけですわ。


で、それの何がいけないのか?ってことですよ。



メーカーが作ったものをメーカーが売るっていうのはなかなか難しいから、店にいくわけですよね。



店はいろんな商品を取り扱うわけですわ。


まあ、たとえば、ビックカメラみたいなかんじで。


で、たとえばニンテンドーDSが人気でみんなが並んで買うわけですよ。
で、なかなか買えない。

そこで、転売屋がきて、並んで買ってくれるわけですよ。


転売屋から買う人は、転売屋が人気商品を並んで買ってくれたっていうところにお金を払ってるんだと思うんですわ。



だからね、よく、転売屋がうざいとかっていう人がいるけども、それは違うと思うっていうのが僕の意見。


で、高いとかって文句を言う人がいるんだけど、高いのはあたりまえなんですわ。
高いっていったところで高い値段で買う人がいるわけだからそれで成り立ってるわけですよ。


だれも高い値段で買わなくなればだんだんと安くなってくるわけですよ。



何が問題なのか。


僕は頭が悪いのでもっと違う見方があるのかもしれないので、その辺をだれか教えてほしいです。

法律に詳しい人とか。ダフ屋の人とか(笑



ああ、関係ないけど。

JANAIYO更新しました。


MRE
http://www.teuac.jp/
janaiyo
http://www.teuac.jp/radio/janaiyo/
20回
http://mre.dip.jp/radio/janaiyo/janaiyo020.mp3

まあ、聴かなくていいよ。(笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kunitachi2.blog21.fc2.com/tb.php/1225-e9a8e1ed